デトランスαは正しい使い方が大事!間違った使い方は痒みの原因に!

脇を触る女性

汗と臭いを強力に抑えてくれるデトランスαですが、一般的な制汗剤とは少し使い方が違います。

一般に市販されている制汗剤やデオドラントのように、出かける前や気になったときにサッと塗ったり、スプレーしたり…というわけにはいかないんですよね。

それに間違った使い方をしてしまうと、かゆみや刺激を感じてしまうかもしれません。

せっかく汗を抑えてくれるのに、かゆみが出て使えない…なんて、悲しすぎます(;ω;)

なので、かゆみなんかに邪魔されず、デトランスαのより高い効果を実感できるように、正しい使い方をしっかりチェックしておきたいと思います。

\今すぐデトランスα公式サイトが見たい方はこちら/

デトランスαの正しい使い方は?

デトランスαの基本的な使い方を簡単に説明すると

  • 寝る前の乾いた清潔な肌に塗る
  • しっかりと乾かす
  • 翌朝、洗い流すか、拭き取る

これだけ見ても、一般的な制汗剤とは使い方が違いますよね。

では、もう少し詳しく説明しますね(^ω^)

寝る前の乾いた清潔な肌に塗る!

おすすめは、お風呂上がりの清潔な状態ですが、必ず汗や水分などしっかりと乾かしてから塗ってください。

汗や汚れを落とした清潔な肌に塗らないと、余分な成分や汚れが制汗剤と混じってしまい、デトランスαの「汗腺にフタをする」という大事な働きの邪魔をしてしまうかもしれません。

デトランスαの効果をしっかり実感するためにも、清潔な乾いた肌に塗ってくださいね!

ワキ用の使い方(塗り方)のコツは?

女性のキレイな脇

デトランスαワキ用はロールオンタイプで塗りやすいのですが、付け過ぎてしまうことがあります。

付け過ぎもかゆみの原因になりますから、注意してくださいね!

使い方のコツは、ワキ毛が生えている範囲にだけ薄く塗ります

ワキガの原因となるアポクリン汗腺は、ワキ毛の生えている箇所に集まっているので、ワキ毛の生えている範囲を目印に塗るとワキ汗をしっかりカバーできるそうです。

脇に傷があったり、ワキ毛処理したあとなどは、塗るのを控えてくださいね。

めちゃくちゃシミますから…要注意です(≧ω≦)b

デトランスαは使う前によく振っておくといいですよ。もし液が出にくい場合は、ボール部分を指で押しながら転がしてみてください。

初めて使うときやかゆみが心配な方は、水を含ませたコットンにデトランスαを少量含ませて脇に塗ってみてください(・ω・)b

手足用の使い方(塗り方)のコツは?

ローション

デトランスα手足用はローションタイプで多く出し過ぎてしまう可能性があります。

ワキ用と同じく付け過ぎはかゆみの原因になりますから、注意してくださいね(・ω・)

ローションを少量ずつ手のひらに出し、手のひらや足の裏、手足の指の間や指の先まで、塗り忘れがないように塗っていきます。

特に「手の指」「足の指」「指の間」もしっかり塗りましょう!

手のひらや指、足の裏に傷があったり肌が荒れている時は、塗るのを控えてください。

しっかり乾かす!

女性の脇

デトランスαを塗った後は、しっかりと乾かします

湿ったままだと汗腺にフタをする効果が半減してしまいますから、しばらくは腕を上げるなどしてしっかりと乾かしてください。

早く乾かすために、扇風機やドライヤーなどを使うのもおススメですが、温風などで暖かくすると、かゆくなりやすいですから要注意です(・ω・)b

手足に塗った後(乾かしたあと)のべたつく感じが気になる人は、手袋をしたり靴下をはいて寝るといいかもしれません。

翌朝、しっかり洗い流す!

手洗い

翌朝、デトランスαを塗った手足、または脇を、しっかりと洗い流すか濡らしたタオルなどで拭き取ります

忙しい朝に面倒臭いですが、ちゃんと洗い流さないとかゆみの原因になりますし、ベタベタして気持ち悪いです(/・ω・\)

どうしても時間がないときは、ウェットティッシュや塗れタオルなどでもいいですから、必ず拭き取るようにしてください。

デトランスαは汗腺の奥でフタをする仕組みなので、洗い流しても汗を抑える効果は変わりません。また洗い流したあと、塗り直す必要もありません。

初めは毎日、徐々に回数を減らす!

カレンダー

使い始めは毎日塗ります。

敏感肌の方はムリをせず、1日おきに塗るなど日をあけた方がいいかも!

汗が抑えられたら、徐々に塗る回数を減らしていきます。

毎日から1日おき、2日おきと、様子を見ながら汗が気にならなければ塗る日にちを空けていくといった感じです。

デトランスαは使っていくうちに汗を抑える効果が長く続くようになりますから、最終的には3日~1週間に1度塗れば、汗の心配はいらなくなりますヽ(´▽`)/

使う量も少量でいいし、使う回数も減って来るから、手間もかからず、コスパも良いですよ。

正しい使い方をしても痒くなる場合は?

コットン

正しい使い方をしていても、かゆくなることがあります。

そんなときは無理をせず、すぐに洗い流してください。

かゆみを抑える対策としては…

  • デトランスαを使う日の間隔をもう少しあける
  • 水を含ませたコットンに、少量のデトランスαを含ませ、薄めて塗る
  • 翌朝、しっかりと洗い流す
  • 敏感肌用を試してみる

など、工夫してみてください。

デトランスαのベースはアルコール(エタノール)なので、皮膚の乾燥からかゆみが出る場合もあります。

そんなときはデトランスαを拭き取った後、保湿クリームやワセリンを薄く塗ってみてくださいね。

私は乾燥が気になるので、デトランスαを塗った後、寝る前にハンドクリームを塗っていますが、乾燥も汗もちゃんと治まっていますヽ(´▽`)/

それでもダメな場合は…

デオエースEXプラス

かゆみ対策してみたけどそれでもかゆい!でも汗抑えたい!という方には、デトランスαの販売元(ユーアップ)が扱っているアルコールフリーで肌に優しい、全身に使えるデオドラント【デオエースEXプラス】をおすすめします。

デオエースEXプラスはデトランスαより制汗効果は穏やかですが、顔からデリケートゾーンまで全身使えるほど肌に優しく、超敏感肌の方にもおススメできる制汗剤です。

\こちらの記事も参考にしてみてください/

\初回79%OFF!デオエースサンプルサイズ付/

デオエースEXプラス公式サイトはこちら

デトランスαの正しい使い方についてまとめ

サラサラな脇

今回ご紹介したデトランスαの正しい使い方を理解しておくことで、かゆみや刺激の発生を最小限に抑えることが出来ると思います。

汗をしっかり抑えてくれるデトランスαは、使い始めや肌が慣れないうちは、刺激やかゆみを感じやすいかもしれません。

ですが、使っていくうちに肌が慣れてきて、大丈夫になってきたという人もいます。

正しい使い方をしても、何回か使ってみても、かゆみが出てしまう場合は、ムリをせず使うのをやめましょう。

刺激やかゆみを感じる程度は人それぞれ、そのときの体調もありますからね(^ω^)

デトランスαは多汗症や臭い対策として、病院やクリニックでも使われている唯一の実力派制汗剤です。

もし汗や臭いで悩んでいるのなら、試してみる価値はあると思います!

今までどんな制汗剤やデオドラントを試しても効果がなく、まだ1度もデトランスαを試されたことのない方は、ぜひ試されてみることをおすすめします!

今なら期間限定で、初回80%OFF!「お試し定期モニターキャンペーン実施中で大変お得になります。

お得に始められるこの機会に、デトランスαの制汗効果のすごさをぜひ体験してみてくださいね!

\初回80%OFF!お試し定期モニターコース/

デトランスαワキ用定期購入はこちら

デトランスα手足用定期購入はこちら

いきなり定期購入はちょっと…という方には、こちらの単品購入がおすすめです。

まずはひとつだけ購入してみて、デトランスαの威力を体験してみてください。  

\初回限定40%OFF!特別キャンペーン/

デトランスαワキ用単品購入はこちら

デトランスα手足用単品購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました